登場人物とストーリー


スラムダンク主な登場人物紹介

桜木花道 (湘北高校1年生) 入学時 188cm
流川楓  (湘北高校1年生) No.1ルーキー
仙道彰 (陵南高校2年生) 陵南高校のエース
鉄男 スラムダンク最強の男
藤真健司 選手兼監督 牧と共に神奈川バスケット界屈指のPG
牧紳一 神奈川N0.1

スラムダンクのストーリー
コミックスラムダンク完全版から)

晴子との出会い
中学時代は悪い仲間とつるんでいた桜木花道、そしてまったくモテナイ男だった。
そんな彼が中学時代に女の子にフラれるシーンから物語りが始まる。
その女の子はバスケ部の人が好きだった為に、桜木花道はバスケットと言う言葉が嫌いになる。
高校入学後間もなく、赤木晴子という同じ学年の女の子に一目惚れするが、実は彼女はバスケ部主将ゴリ(赤木剛憲)の実の妹だった。
晴子は桜木花道をバスケ部に薦めるが、晴子は同じ一年生の流川楓に惚れていた・・・

バスケ部桜木花道&陵南高校VS湘北高校
晴子に薦められて入部したバスケ部だったが、毎日いつまでたっても基礎練習ばかり。
同じ一年生の流川楓は中学時代からのスターで、入部時点でゴリ(赤木剛憲)と実力は互角。
晴子も流川楓にゾッコンで、桜木花道は流川楓を目の敵とする。
そんなある日、監督の安西先生が陵南高校との練習試合の話をもってくる。
陵南高校には、2年生でエースの仙道彰、そして2メートルを超える怪物、魚住純と言う選手達がいた。
試合当日、桜木花道はベンチスタートをするが、後半主将のゴリ(赤木剛憲)が怪我をしてしまった為に、桜木花道の出番が訪れる。
初心者とは思えないプレーを連発して湘北高校の士気をあげるが、残り数秒の所で仙道彰に決められて惜しくも敗れてしまう。
しかし、仙道彰や陵南高校の田岡監督に桜木花道のバスケットの素質を認められた結果となる。

三井寿と宮城リョータ
陵南高校との戦いでガードのポジションが穴だった湘北高校に頼もしい男が帰ってきた。
宮城リョータである。身長は小柄ながらクイックネスはピカイチ、だが彼も桜木花道と同じく問題児の一人だった。
宮城リョータが桜木花道達が入部した時にいなかったのは、先輩の三井寿たちに袋叩きにされて入院していたのが原因だったが、
宮城リョータが退院したのと同時に三井寿も学校に戻ってきていた。
彼は再び宮城リョータに絡み、バスケ部をも巻き込んだ大喧嘩になる。
その時つれてきた鉄男は最強の男だった。
桜木花道の親友軍団も参戦して激しいバトルを繰り返すが、三井寿はバスケ部出身の中学MVP選手だったことを知る。
そこに監督の安西先生が登場して、三井寿はバスケ部に復帰することになる。

神奈川県大会予選リーグ
PGの宮城リョータ、SG三井寿が加わった湘北高校は、格段にパワーアップした。
そしてゴリ(赤木剛憲)・三井寿高校最後の年、湘北高校は全国制覇を目指して一回戦を迎える。
相手は村雨健吾率いる強豪、しかし湘北高校の敵ではなかった。100点ゲームで相手を倒す。
しかし、桜木花道だけは5ファールで退場して活躍することはできなかった。
結局、決勝リーグまでの間に桜木花道は点を決めることはできず、流川楓や他の選手ばかりが目立った。
とうとうベスト4を賭けての翔陽高校との大事な一戦を迎えることとなる。
相手は昨年2位の強豪、湘北高校に勝算はあるのか。

湘北高校VS翔陽高校戦
ここまで順調に勝ち上がってきた湘北高校だったが、決勝リーグ出場をかけた試合の相手は、昨年神奈川2位の翔陽高校高校。
スターティングメンバー全員が180cm以上(内190cm以上が4人)。
湘北高校はここまで全試合退場中の桜木花道をスタメンに抜擢した。
開始直後こそ翔陽高校の高さに圧倒されるが、流川楓を中心に反撃にでる。
しかし翔陽高校は、選手兼監督の4番藤真健司を温存する余裕をもつ。
一進一退の攻防を繰り広げていた湘北高校だったが、PGの宮城リョータがその突破口を開く。
ついに藤真健司が登場して、湘北高校はまたもピンチを迎えるが、今度はここまであまり目立った活躍をしていなかった桜木花道が、リバウンドをもぎ取り、三井寿がスリーポイントを連発。
桜木花道のスラムダンクは惜しくもオフェンスファールとなり、連続退場記録を更新するが、湘北高校は翔陽高校の猛攻を防ぎきり、決勝トーナメントへの切符を手にした。

王者への挑戦
主将ゴリ(赤木剛憲)が夢にまで見てきた海南大附属高校への挑戦権を手にした湘北高校。
昨年神奈川の覇者、そして全国ベスト4・・・。湘北高校とはあまりにも歩いてきた道が違いすぎた。
一年生のころから注目され続けてきた怪物牧率いる海南大付属高校は、序盤から優勢に試合を進めるが、湘北高校もゴリ(赤木剛憲)の活躍で反撃開始。
自称天才の桜木花道のリバウンドは海南大付属高校相手にも十分に通用する。
そこで海南大付属高校の監督高頭は、桜木花道を封じるために切り札宮益を投入、桜木花道が封じ込められた湘北高校は桜木花道を下げるが、ゴリ(赤木剛憲)・流川楓コンビで再び反撃開始
しかしゴリ(赤木剛憲)が足を痛めてしまい、退場する。
ここから流川楓の個人プレイ離れていた試合を接戦に持ち込んだ。
試合は終盤、足を痛めたゴリ(赤木剛憲)が戻ってくるが、体力の限界がきた流川楓がコートから去る。
劣勢な湘北高校を勢いづけたのは、桜木花道の牧を吹き飛ばすダンクだった。
しかし後一歩と言うところで、無常にも三井寿のシュートはリングに嫌われ湘北高校は決勝リーグ一敗。
陵南高校は武里高校に圧勝する。

桜木花道のシュート練習
海南大付属高校戦の敗退の責任を感じた桜木花道は、頭を丸めて気合を入れた。
幸いにもゴリ(赤木剛憲)の足はそれほど重症ではなかったが、大事をとって練習試合には参加しなかった。
すでにスタメン以外の湘北高校のメンバーをごぼう抜きした桜木花道だったが、三井寿とのマッチアップで桜木花道はゴールしたにいなければ何も出来ないことが発覚した。
彼は陵南高校戦を目指してシュート練習を始めるのだが、今まで基礎練習(パスやドリブル)ばかりやってきた桜木花道には、シュート練習は楽しかったようだ。

陵南高校VS海南大付属高校、武里高校VS湘北高校
陵南高校に頼もしい男が帰ってきた、その名も福田。彼は海南大付属高校戦で強烈にデビューした。
まずは、仙道彰とのコンビからアリウープ!仙道彰がPGにまわり、序盤は陵南高校が有利に試合を進めた。
海南大付属高校も神のスリーポイントで反撃開始、エース仙道彰を抜くことが出来るのはやはり牧しかいなかった。
それでも、仙道彰を中心に陵南高校が有利に試合を進める。
しかし、大黒柱でもある魚住純の退場を機に、海南大付属高校がもう反撃。
仙道彰のダンクで延長戦に持ち込んだものの、陵南高校には延長戦を戦い抜くだけの気力は残っておらず、1敗。
武里高校対湘北高校戦では、シュート練習をしていた桜木花道が試合に遅刻するが、難なく白星を勝ち取る。

陵南高校VS湘北高校
インターハイの切符をめぐって最後の決戦が始まった。
すでに3戦全勝でインターハイへの切符を手にした海南大付属高校と共に全国へ行くのはどちらのチームか。

・・・つづきが気になる人はコミックスラムダンク完全版を読んでください。絶対にハマりますよ。

どっぷりつかるバスケのマンガ

最近あんまりマンガを読む時間がなく、最新のマンガにはうといなぁと思う。

だから今現在でも私の中で最高のマンガは中学生の頃から読んでいる「SLAM DUNK」なのです。

私は中学の時は卓球部だったんだけど、「バスケ部に入ればよかった!」って凄く思った。

友達もバスケ部に入部する人が多かったし。

スラムダンクは時々読みたくなって、たまに読み返してみるんです。

私はスラムダンクが本当に好きだぁー! って改めて思います。

スラムダンクは読み返すとドップリつかるので、読み始めると時間がかかるんですよ。

時間がない時だと大変。だけど中毒のようにスラムダンクが読みたくなる時期がくるんです。

気持ちは抑えきれず読み返してみるだけど、何度読んでも面白いし、何度読んでも気づかされることがある。

スラムダンクを読み返していて泣きそうになったこともあります。中でも山王戦が感動です。

今更ながら知ったのですがバッシュがバスケットシューズの略だと言う事に最近まで気付かなかったって人いたっけな。

リアル話ついでにもうひとつ。毎年NBAオールスタースラムダンクコンテストで凄い人が登場しますね。

この人達やばいくらいに人間離れしてます。いつも思うんだけど陸上競技やれば良いんじゃないの!

走り幅跳びなんかやったら世界新記録だせるよ!きっと。。

どうでも良い話しですが、作者の井上雄彦さんは福岡出身なので方言が多いんですよ「こすい」とか「まかせんしゃい」とかね。


あの人にドキドキ

スラムダンクの赤木キャプテンの印象はゴリラみたいだけど(ごめんなさい)

妹思いな優しい一面があって、すごく頼れるお兄さんだよね!

彼氏恋人というよりはお兄さんにしたいタイプかな〜。

優しいだけでもダメだし優しさがなければもっとダメ。人それぞれだとは思うけど私はそう思う。

私はスラムダンクの中なら、陵南高校のエース、仙道彰がスキ!

「さあ、いこーか」なんてリードしてくれそう。昔はあの髪型真似してた人たくさんいたけど

最近は見なくなったよね。みんな影響されるんだね。私もマンガには影響されちゃうんだけど。

桜木花道は付き合ったら、楽しいとは思う。

私は勉強は出来る人じゃなくてもいいし。

流川楓もクールだけどバスケにかける情熱はすごいし、好きになった女は大切にしそう。

でも、やっぱりスラムダンクの中では仙道彰が一番いいなぁ。

好青年でしょ!付き合ったら楽しそうだよね。

たまに妄想するの。現実逃避してね。そしたらドキドキしちゃう。マンガのキャラクターに恋してみたりして。

何かで見たけどこう言うの夢小説っていうんだっけ?

よくわからないけど・・

やっぱ私はスラムダンクのファンなんだねー

安西監督の言葉

スラムダンクからセルフィシュは自分勝手・自己中心的っていう意味だって知った。流川の話の回で!

マンガからとか、スラムダンクから学べることもあるんだよね。

安西光義監督の「あきらめたら そこで試合終了」って言葉は有名だよね。

人生の壁にぶちあたったとき、何度その言葉に助けられたことか…悩んでるときにフッとその言葉を思い出すの。

それで元気が出たりとかあったなぁ〜。安西先生みたいな人に出会えたら素敵だと思う。

それを普通に自分の言葉みたいに言った男性がいて、思わず「それスラムダンクの安西監督の言葉でしょー」って言っちゃった(笑)

苦笑いされたけど。

だって、そんな格好いい言葉を自分の言葉じゃないのに、さも自分の言葉のように言うから。

スラムダンクの言葉じゃ有名過ぎて、通用しないよね。

私みたいにスラムダンクの監督の言葉から元気をもらった人、たくさんいるんじゃないかなぁ〜

あの人が好き

スラムダンクにでてくる男の人はみんな格好いいと思う!

自分より皆年上の気がするけど(最初はそうだったと思う、確か…)

今やスラムダンクの選手達はだいぶ年下…

でも、あんな精神的に大人な高校生がいたら、年上好きの私でも、本気で惚れちゃうかも!?

桜木花道の赤木晴子さんへの想いもすごいよね!

あんなに純真な気持ちで一途に想われたら、幸せだろうなぁ。

スラムダンクの男性陣で誰が好き?って会話をよく友達同士で話したけど、流川楓と桜木花道は人気でした!

私は個人的にはあの人が良かったなぁ〜

人気のひみつ

先日マンガ喫茶に行って久しぶりにスラムダンクを読みました。

そのマンガ喫茶には全巻置いてあるのですが人気があるので借りられているものも結構あり

読みたい巻がないこともあるんですよ。

タイミングがよければ5冊くらいドサッと借りて読んでいます。



今だに人気が衰えないスラムダンクですがその人気はどこにあるのか凄く興味を持ちましたので

ちょっと調べてみたんですが、画像や壁紙、動画を探している人が多いですね。

携帯着メロ、着歌のダウンロード先や携帯の待ち受けを探している人もいます。

すごく気になったので検索してみてなっとく。そんなのがあるんですね。

普通にその後のストーリーを知りたい人などもいますね。

youtubeってのは動画を探してるんでしょうね。

実際に検索してみると新しい発見があってこれはこれで面白いです。

新たな発見でまたスラムダンクを読み返したくなってきました。

久しぶりに読んでみた

久々にスラムダンク熱が高まったので漫画読んでみた。

SLAMDUNK台湾史上最高予算で実写映画化08年冬公開らしいですね。

それはさておき実写するならリアル高校生でいいと思うんだ。

モデル校ある学校は過去五年の中からプレイスタイルの似た子を出して、ケーブルで偶々、スラムダンクの最終回を見ました。

そいえばアニメはほとんど見たことないから最終回って知らないんだよなー。

インターハイ行かないの?栄光のスラムダンク決めるのは良いけど、背中怪我したりしないの?

あれじゃん、「俺たちの冒険はまだまだ続く」的な。翔陽と陵南の合同チーム対湘北スラムダンク。

スラムダンク。スラム街・ダンク。スラム街に住む人が打つダンク?さて真相は。

今日は寝坊して練習行けませんでした。ごめんなさい。

近頃音楽を作ることから逃げようとしている気がして、そんな自分が嫌だ。

自分の大好きなはずのことまで逃げの姿勢で構えNARUTOとBLEACHを読み始めました。

コミックスじゃなくてジャンプ本誌でですがね。

う~ん、もしかして結構面白かったりしたり??でもやっぱりコレ!って言える作品が無いな~とか思ってしまう。

なんか、ドラゴンボールとかスラムダンクを超えるようなすっごい面白いのが読みたい。

日本男児のバイブルと言っても過言ではない、週刊『少年ジャンプ』。

『ドラゴンボール』や『幽遊白書』、『スラムダンク』など数々の大ヒット作品を誕生させてきたこの漫画誌に、ある変化が訪れているらしい。

ウワサによると、最近読者層に腐女子と呼ばれる人々が増えてきているという。

スラムダンクはファールされそうになったが、とっさに相手選手を飛び越えたので助かったかもね。

いつかはそうなると思ってたが、デザイン一般でもそこら中に不満をまき散らし、挙句の果てには握手してるのを見られちゃった。

俺としては、永久コンボが一番だと思うのだが・・。

ミニバスケの指導者として駆け抜けてきたこの10年。

そこには自分の仕事もある身での関わりでしたから、おのずと限界がありました。

その前にバスケットボールは、もう過去の思い出という時もありましたから、その意味で自分の子供がミニバスケットを始めなければ、

このようなブログを始めようかとも思わなかったと思います。

バスケが好きになった

この作品「スラムダンク」のおかげでバスケのルールも理解でき、TV中継も楽しめるようになった。

作者自身のバスケに対する愛情がひしひしと伝わってくる。

バスケ自体の本当の面白さはやってみなければわからないのだろうけど、

超高校級のプレイヤーたちの活躍を描きながらも、「誰だってバスケはできるんだ」というメッセージを一貫させているのが気持ちいいと思う。

主人公の、自称“天才”桜木花道を擁する湘北チームは、いかにも“少年ジャンプ的”なメンバ構成だったけど、

桜木の驚くべき上達ぶりについてもそれが地道な反復練習に基づくものであることを描くのにページを惜しまないし、

キャプテン“ゴリ”も努力の人だ。

異彩な湘北チームの中にあって“普通”の選手として描かれざるを得なかった“メガネ君”にも、花を持たせるのを忘れなかった。

この観点からすると、最も魅力的なチームは16年連続インターハイ出場を誇る海南大附属高校である。

応援旗の文字は“常勝”、神奈川No.1プレーヤー・牧をも擁し、とにかく強い。 だが無条件に強い、という設定ではない。

海南大の練習は質・量ともにケタ外れにキツい。

名門であるが故に、各中学からエース級の選手が大量に集まるが、一週間で半分が、一ヶ月でさらにその半分がやめてしまう。

つまり、海南大の強さは練習に練習を重ね、最後まで残ったものの強さなのである。

監督・高頭の「海南に天才はいない。

だが海南が最強だ」というセリフは説得力をもつ。

海南に宮益という選手がいる。身長も低く、見た目ひよわ。

バスケも(海南においては)上手い方ではない。

が、バスケ初心者であったにもかかわらず、3年間の猛練習に耐え、他部員の信頼を集めている。

生意気で傍若無人な振る舞いのルーキー・清田も「宮さん、リラ−ックス!」なんて声をかけたりする。

そして、宮益がシュートを決めると(ものすごく練習していたらしい)牧が言う。

「海南のユニフォームをとった男だぞ。ナメんなよ」 カッコいいよね。スラムダンクで僕の一番好きな場面である。

井上たけひこ

井上雄彦さんについて

作者の井上雄彦(いのうえたけひこ)さんについて少し説明します。

井上雄彦さんはスラムダンクを書いた人物で尊敬する偉大な漫画家の一人です。

本名は成合雄彦(なりあいたけひこ)さん。1967年生まれ。

大口高校時代はバスケットボール部の主将を努めた経験し、また大学時代もバスケットボール同好会に所属していました。

北条司さんのアシスタントで修行を積み、1988年の第35回手塚賞に「楓パープル」が入選してデビューをする運びとなりました。

1990年から「週刊少年ジャンプ」にて連載を開始した「スラムダンクSLAM DUNK」が大ヒットして一気に加速し看板作品となりました。

大ヒットをきっかけにTVアニメ化もされ、バスケットボールブームの火付け役にもまりました。

スラムダンクSLAM DUNK」の後は吉川英治さんの小説を原作とした「バガボンド」をモーニングで、車椅子バスケットボールを題材とした「リアル」をヤングジャンプで連載して各種の漫画賞を受賞しました。

その他の作品に「BUZZERBEATER」「カメレオンジェイル」「赤が好き」「BABYFACE」「HANGTIME」「ピアス」 などが挙げられます。

スラムダンクとは

スラムダンク(SLAMDUNK)は漫画家の井上雄彦さんが週刊少年ジャンプに連載していた超人気漫画です。

赤い髪の主人公、桜木花道がバスケットボールを通じての登場人物達の成長やそれぞれの物語が描かれています。

ただのスポコン漫画ではなく登場人物の生き様それぞれが泣けるほどの感動や凄まじいほどのストーリーで描かれています。

時には笑いがあったり涙があったりとても感動のできる作品です。

連載が終わった今でもスラムダンクの人気は衰えることなく、スラムダンク続編を待ち望むファンも多いはず。

スラムダンクは歴史に残る永遠の名作だと思います。

まだ読んだことのない人は一度読んでみてください。

きっとこの先品の虜になってしまうでしょう。

全31巻のメインタイトルを取り上げてみましょう


 1巻 桜木君
 2巻 NEW POWER GENERATION
 3巻 庶民のシュートは難しい
 4巻 主役登場!!
 5巻 REBOUND
 6巻 NOTHING TO LOSE
 7巻 バスケ部最後の日
 8巻 BASKETBALL
 9巻 問題児軍団
 10巻 リバウンド王桜木
 11巻 マグレだとしても
 12巻 王者への挑戦
 13巻 UNSTOPPABLE
 14巻 THE BEST
 15巻 天国と地獄
 16巻 サバイバル・ゲーム
 17巻 最後の椅子
 18巻 落し穴の予感
 19巻 エース
 20巻 湘北崩壊
 21巻 勝敗
 22巻 1st ROUND
 23巻 AランクとCランク
 24巻 勝利のために
 25巻 最大の挑戦
 26巻 パワー勝負
 28巻 湘北 in Trouble
 28巻 2年間
 29巻 逸材
 30巻 選手生命
 31巻 湘北高校バスケットボール部

集英社 JC版コミックスより発売されています。