登場人物とストーリー


スラムダンク主な登場人物紹介

桜木花道 (湘北高校1年生) 入学時 188cm
流川楓  (湘北高校1年生) No.1ルーキー
仙道彰 (陵南高校2年生) 陵南高校のエース
鉄男 スラムダンク最強の男
藤真健司 選手兼監督 牧と共に神奈川バスケット界屈指のPG
牧紳一 神奈川N0.1

スラムダンクのストーリー
コミックスラムダンク完全版から)

晴子との出会い
中学時代は悪い仲間とつるんでいた桜木花道、そしてまったくモテナイ男だった。
そんな彼が中学時代に女の子にフラれるシーンから物語りが始まる。
その女の子はバスケ部の人が好きだった為に、桜木花道はバスケットと言う言葉が嫌いになる。
高校入学後間もなく、赤木晴子という同じ学年の女の子に一目惚れするが、実は彼女はバスケ部主将ゴリ(赤木剛憲)の実の妹だった。
晴子は桜木花道をバスケ部に薦めるが、晴子は同じ一年生の流川楓に惚れていた・・・

バスケ部桜木花道&陵南高校VS湘北高校
晴子に薦められて入部したバスケ部だったが、毎日いつまでたっても基礎練習ばかり。
同じ一年生の流川楓は中学時代からのスターで、入部時点でゴリ(赤木剛憲)と実力は互角。
晴子も流川楓にゾッコンで、桜木花道は流川楓を目の敵とする。
そんなある日、監督の安西先生が陵南高校との練習試合の話をもってくる。
陵南高校には、2年生でエースの仙道彰、そして2メートルを超える怪物、魚住純と言う選手達がいた。
試合当日、桜木花道はベンチスタートをするが、後半主将のゴリ(赤木剛憲)が怪我をしてしまった為に、桜木花道の出番が訪れる。
初心者とは思えないプレーを連発して湘北高校の士気をあげるが、残り数秒の所で仙道彰に決められて惜しくも敗れてしまう。
しかし、仙道彰や陵南高校の田岡監督に桜木花道のバスケットの素質を認められた結果となる。

三井寿と宮城リョータ
陵南高校との戦いでガードのポジションが穴だった湘北高校に頼もしい男が帰ってきた。
宮城リョータである。身長は小柄ながらクイックネスはピカイチ、だが彼も桜木花道と同じく問題児の一人だった。
宮城リョータが桜木花道達が入部した時にいなかったのは、先輩の三井寿たちに袋叩きにされて入院していたのが原因だったが、
宮城リョータが退院したのと同時に三井寿も学校に戻ってきていた。
彼は再び宮城リョータに絡み、バスケ部をも巻き込んだ大喧嘩になる。
その時つれてきた鉄男は最強の男だった。
桜木花道の親友軍団も参戦して激しいバトルを繰り返すが、三井寿はバスケ部出身の中学MVP選手だったことを知る。
そこに監督の安西先生が登場して、三井寿はバスケ部に復帰することになる。

神奈川県大会予選リーグ
PGの宮城リョータ、SG三井寿が加わった湘北高校は、格段にパワーアップした。
そしてゴリ(赤木剛憲)・三井寿高校最後の年、湘北高校は全国制覇を目指して一回戦を迎える。
相手は村雨健吾率いる強豪、しかし湘北高校の敵ではなかった。100点ゲームで相手を倒す。
しかし、桜木花道だけは5ファールで退場して活躍することはできなかった。
結局、決勝リーグまでの間に桜木花道は点を決めることはできず、流川楓や他の選手ばかりが目立った。
とうとうベスト4を賭けての翔陽高校との大事な一戦を迎えることとなる。
相手は昨年2位の強豪、湘北高校に勝算はあるのか。

湘北高校VS翔陽高校戦
ここまで順調に勝ち上がってきた湘北高校だったが、決勝リーグ出場をかけた試合の相手は、昨年神奈川2位の翔陽高校高校。
スターティングメンバー全員が180cm以上(内190cm以上が4人)。
湘北高校はここまで全試合退場中の桜木花道をスタメンに抜擢した。
開始直後こそ翔陽高校の高さに圧倒されるが、流川楓を中心に反撃にでる。
しかし翔陽高校は、選手兼監督の4番藤真健司を温存する余裕をもつ。
一進一退の攻防を繰り広げていた湘北高校だったが、PGの宮城リョータがその突破口を開く。
ついに藤真健司が登場して、湘北高校はまたもピンチを迎えるが、今度はここまであまり目立った活躍をしていなかった桜木花道が、リバウンドをもぎ取り、三井寿がスリーポイントを連発。
桜木花道のスラムダンクは惜しくもオフェンスファールとなり、連続退場記録を更新するが、湘北高校は翔陽高校の猛攻を防ぎきり、決勝トーナメントへの切符を手にした。

王者への挑戦
主将ゴリ(赤木剛憲)が夢にまで見てきた海南大附属高校への挑戦権を手にした湘北高校。
昨年神奈川の覇者、そして全国ベスト4・・・。湘北高校とはあまりにも歩いてきた道が違いすぎた。
一年生のころから注目され続けてきた怪物牧率いる海南大付属高校は、序盤から優勢に試合を進めるが、湘北高校もゴリ(赤木剛憲)の活躍で反撃開始。
自称天才の桜木花道のリバウンドは海南大付属高校相手にも十分に通用する。
そこで海南大付属高校の監督高頭は、桜木花道を封じるために切り札宮益を投入、桜木花道が封じ込められた湘北高校は桜木花道を下げるが、ゴリ(赤木剛憲)・流川楓コンビで再び反撃開始
しかしゴリ(赤木剛憲)が足を痛めてしまい、退場する。
ここから流川楓の個人プレイ離れていた試合を接戦に持ち込んだ。
試合は終盤、足を痛めたゴリ(赤木剛憲)が戻ってくるが、体力の限界がきた流川楓がコートから去る。
劣勢な湘北高校を勢いづけたのは、桜木花道の牧を吹き飛ばすダンクだった。
しかし後一歩と言うところで、無常にも三井寿のシュートはリングに嫌われ湘北高校は決勝リーグ一敗。
陵南高校は武里高校に圧勝する。

桜木花道のシュート練習
海南大付属高校戦の敗退の責任を感じた桜木花道は、頭を丸めて気合を入れた。
幸いにもゴリ(赤木剛憲)の足はそれほど重症ではなかったが、大事をとって練習試合には参加しなかった。
すでにスタメン以外の湘北高校のメンバーをごぼう抜きした桜木花道だったが、三井寿とのマッチアップで桜木花道はゴールしたにいなければ何も出来ないことが発覚した。
彼は陵南高校戦を目指してシュート練習を始めるのだが、今まで基礎練習(パスやドリブル)ばかりやってきた桜木花道には、シュート練習は楽しかったようだ。

陵南高校VS海南大付属高校、武里高校VS湘北高校
陵南高校に頼もしい男が帰ってきた、その名も福田。彼は海南大付属高校戦で強烈にデビューした。
まずは、仙道彰とのコンビからアリウープ!仙道彰がPGにまわり、序盤は陵南高校が有利に試合を進めた。
海南大付属高校も神のスリーポイントで反撃開始、エース仙道彰を抜くことが出来るのはやはり牧しかいなかった。
それでも、仙道彰を中心に陵南高校が有利に試合を進める。
しかし、大黒柱でもある魚住純の退場を機に、海南大付属高校がもう反撃。
仙道彰のダンクで延長戦に持ち込んだものの、陵南高校には延長戦を戦い抜くだけの気力は残っておらず、1敗。
武里高校対湘北高校戦では、シュート練習をしていた桜木花道が試合に遅刻するが、難なく白星を勝ち取る。

陵南高校VS湘北高校
インターハイの切符をめぐって最後の決戦が始まった。
すでに3戦全勝でインターハイへの切符を手にした海南大付属高校と共に全国へ行くのはどちらのチームか。

・・・つづきが気になる人はコミックスラムダンク完全版を読んでください。絶対にハマりますよ。