どっぷりつかるバスケのマンガ

最近あんまりマンガを読む時間がなく、最新のマンガにはうといなぁと思う。

だから今現在でも私の中で最高のマンガは中学生の頃から読んでいる「SLAM DUNK」なのです。

私は中学の時は卓球部だったんだけど、「バスケ部に入ればよかった!」って凄く思った。

友達もバスケ部に入部する人が多かったし。

スラムダンクは時々読みたくなって、たまに読み返してみるんです。

私はスラムダンクが本当に好きだぁー! って改めて思います。

スラムダンクは読み返すとドップリつかるので、読み始めると時間がかかるんですよ。

時間がない時だと大変。だけど中毒のようにスラムダンクが読みたくなる時期がくるんです。

気持ちは抑えきれず読み返してみるだけど、何度読んでも面白いし、何度読んでも気づかされることがある。

スラムダンクを読み返していて泣きそうになったこともあります。中でも山王戦が感動です。

今更ながら知ったのですがバッシュがバスケットシューズの略だと言う事に最近まで気付かなかったって人いたっけな。

リアル話ついでにもうひとつ。毎年NBAオールスタースラムダンクコンテストで凄い人が登場しますね。

この人達やばいくらいに人間離れしてます。いつも思うんだけど陸上競技やれば良いんじゃないの!

走り幅跳びなんかやったら世界新記録だせるよ!きっと。。

どうでも良い話しですが、作者の井上雄彦さんは福岡出身なので方言が多いんですよ「こすい」とか「まかせんしゃい」とかね。